肝臓・消化器内科

-検診や他院の検査などで肝障害を指摘された方はB型肝炎、C型肝炎の無料検査が受けられます。 肝臓は沈黙の臓器です。ぜひ一生に1度は肝炎検査を受けることをお勧め致します。-

C型肝炎当院では最新の抗ウイルス療法が可能です。C型肝炎ウイルスに対する治療法はめざましい進歩を遂げ、現在では副作用の少ない内服薬による2~3ヶ月間の治療で90%以上の確率でウイルスを消失させることが出来るようになりました。過去にインターフェロン等の注射薬で治癒に至らなかった方や80歳以上のご高齢な方でも治療は可能です(肝硬変に至っている方や肝癌の治療歴がある方でも肝機能が保たれていれば治療は可能です)。高額な治療薬ですが国からの助成金制度もあり、安心して治療が受けられます。C型肝炎は放置していると徐々に進行し、肝硬変となり、その後は高い確率で肝細胞癌を発症致します。またC型肝炎ウイルス消失後の方でも発癌するリスクは残りますので、治療後の定期的な経過観察が必要です。当院では肝炎治療導入はもちろんのこと、治療後の経過観察も、血液検査、エコー検査を行いながらきめ細かな診療を行っております。

B型肝炎B型肝炎ウイルスに感染している方の中には慢性肝炎を発症している方と、肝炎は発症していない健常なキャリアの方がいます。その方の年齢や病状によって治療法が異なりますので、ウイルスの状態や肝臓の状態を調べてから治療法を選択致します。慢性肝炎の方の基本的な治療はC型肝炎同様に内服薬による治療です。しかしC型肝炎ウイルスと違い、B型肝炎ウイルスがきれいに排除される可能性は低く、抗ウイルス薬の内服を継続して頂きながら経過観察することが必要です。また健常なキャリアの方でも肝炎発症や発癌のリスクがありますので、定期的な血液、エコー検査が必要となります。B型肝炎治療薬に対しても国からの助成金により費用負担を軽減することが可能です。またB型肝炎ウイルスはワクチン接種により感染を防ぐことが可能です。当院ではワクチン接種も可能です。(ワクチンは予約制ですので、ご希望の方は一度クリニックにご連絡ください)

肝硬変ウイルスやその他の原因で肝硬変となった患者さんは、まずは肝がん発症のリスクが高くなりますので、定期的な画像検査(エコーなど)での経過観察が早期発見につながります。また、さまざまな合併症のために日常生活に支障を来す場合があります(腹水、肝性脳症、慢性掻痒症など)。対症療法として利尿薬、脳症改善薬や掻痒症治療薬などにより症状の改善や病状進行の抑制が期待されます。当院では病状によっては慢性肝疾患の身体障害者手帳の申請が可能です。治療費用負担の軽減が望めますので、お気軽にご相談ください。

脂肪肝「脂肪肝」というと、肝臓に脂肪が貯まった状態のことですが、単純に脂肪が貯まっているだけの場合(単純性脂肪肝)と脂肪性肝障害(NAFLD)を来している場合があり、脂肪性肝炎(NASH)の場合は徐々に肝機能が低下し肝硬変となり、肝細胞癌を発症する可能性があることが解っています。所謂、生活習慣病と言われる「高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」を合併している場合には、脂肪性肝炎に進展する可能性が高くなります。脂肪肝症例の中から脂肪性肝炎、肝硬変を診断するには専門医の判断が必要と考えられます。また定期的な経過観察を行うことが病状の判断にとても重要です。「脂肪肝」といわれたことがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 消化管疾患について

    急な腹痛や下痢、便秘、または胃・十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がんなど、消化管疾患は多岐にわたっています。内科を受診される患者のさんの多くに消化器症状の訴えを認めます。当院では腹部超音波検査(エコー)や内視鏡検査を用いて、診断、治療を行っております。

    食道がん、胃がんの精査、またヘリコバクターピロリ感染胃炎などの有無を確認するための胃カメラ検査や、便検査による大腸がん検査も可能です。ヘリコバクターピロリ菌の感染が確認された場合は、ピロリ除菌療法も行っています。
    胃カメラについて